お知らせ NEWS

再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース(内閣府主催:2/24(水)17時半~)

2/24(水)17時半から内閣府主催の『再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース』で、当協会理事 前 真之 (東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授)が、有識者として河野大臣に住宅省エネの現状と必要性について蓄熱のお話も織り込んでご説明されました。

当日の内容は、下記URL内にある「規制改革チャンネル」で視聴できます。

内閣府「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」のHP

東大 前先生 動画公開!

当協会理事 前 真之  先生(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授)の動画を公開しております。

タイトル:エネルギー自立の未来 再生エネルギーと高断熱に続く蓄熱技術の重要性

https://youtu.be/ZNdnBsIEyQQ

新型コロナウイルスによる大きな生活様式の変化のなかで、快適でエネルギーコストのかからない住宅の実現に向けた蓄熱技術の重要性について、お話いただいています。

【お詫び】お問い合わせフォームの不備につきまして

昨年4月の本HP開設時から、お問い合わせフォームのシステムに不備があり、お問い合わせフォームからご連絡頂いても協会事務局に連絡が届かない状況であったことが判明しました。

システムの不備につきましては、1/16に修正完了しまして、現在は正常に機能しております。

お問い合わせフォームからご連絡いただきました皆様、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

【お詫びと訂正:講演③タイトル】第4回蓄熱建材シンポジウム

首記の件につきまして、すでにご案内済みのパンフレットで講演タイトルに誤りがございました。

訂正してお詫び申し上げます。

正しくは下記です。

講演③   (14:55~15:30)  「住宅全館空調システムへの顕熱・潜熱蓄熱体の使用実例の紹介」   近畿大学 工学部 建築学科   教授 崔 軍

第4回蓄熱建材シンポジウム(2020/2/3午後)のご案内

建物 の高断熱・高気密化が急速に進む中で、 蓄熱建材を 利用した更なる 省エネルギー化と快適性向上に 向けた様々な試みが始まっています。 今回の第4回蓄熱建材シンポジウムでは、講演者の皆様には省エネルギーのトレンドや、蓄熱建材の効果を テーマ に した 実物件での活用や蓄熱建材の今後についてお話ししていただきます。皆さま、ふるってご参加ください(事前登録制で参加費無料)。

講演内容・申込方法につきましては、下記添付パンフレットをご参照ください。

Japan Association of Phase Change Material for Buildings, 2021, All rights reserved.